守谷刃物研究所 採用情報

守谷刃物研究所 採用情報

会社を知る

高い技術力で自動車から
航空、医療器具まで
幅広い分野で貢献しています。

長い歴史と伝統をもつ鋼として知られる「ヤスキハガネ」は、
硬度や耐久性などの品質において、他の鋼材を大きく上回る性能をもつ高級特殊鋼です。
機械や工具などを作るハガネはもちろん、耐熱材料や低熱膨張材など
一般鋼材では達成できない性能を求められる原子力・航空や医療器具など幅広い分野で活用されています。
守谷刃物研究所は「ヤスキハガネ」をはじめとする
高付加価値材料の加工や熱処理、精密仕上げを社内で一貫して行い、
お客様に信頼される製品の提供を小ロット生産から量産加工まで柔軟に対応できるのが強みです。
※ヤスキハガネは日立金属株式会社の登録商標です。

社長メッセージ

株式会社守谷刃物研究所
代表取締役社長 守谷 光広

 私の祖父は戦前、軍刀の製造を生業としていました。戦後になって縫製産業向けの刃物づくりを始め、当時から切れ味の良さには定評があったようです。当社はそうした技術の優位性を生かし、脈々と息づく日本刀の製造技術をもとに、最先端のテクノロジーを取り入れながら幅広い分野の製品開発・製造に日々取り組んでいます。

 そんな当社が求める人材は、「モノづくりに喜びを感じられる人」。そして、「好奇心をもって何事にもチャレンジし、お客様に成果を提示することを喜びにできる人」です。そこには出身地も卒業学科も性別も関係ありません。さらに、年齢も環境も考え方も違う人たちに対して理解や納得をしてもらうために、筋道を立てて物事を考える「論理的な思考ができる人」も求める人材像の一つ。こうした思考は、実は理系以上に文系の方が得意といえるかもしれません。また、女性は積極的に仕事に取り組む方が多いと感じていて、当社でも大きな期待を寄せています。最近では日本刀に興味をもつ女性も増えてきており、そうした女性の方々が活躍できる職場環境を整えることにも尽力していきたいと考えています。

代表取締役社長 守谷 光広 株式会社守谷刃物研究所

会社概要

会社概要

株式会社守谷刃物研究所

地域未来牽引企業

本社
島根県安来市恵乃島町113-1 
TEL:0854-23-1311(代表)
東京営業所
東京都港区芝2丁目3番3号 芝二丁目大門ビルディング3階 
TEL:03-5765-7500
創業・設立
創業:昭和28年5月(1953) 設立:昭和31年1月(1956)
資本金
1000万円
従業員数
186名
会社サイト
http://www.moriyacl.co.jp/

ENTRY

新卒採用向けエントリー